こんにちは、古木です。

今日はビットコインについて。

 

 

前からでもありますが、

絶賛人気なビットコイン。

そもそも「ビットコインとは何なのか?」

という、方も多いと思うので、

そこから話していきますね。

 

■ビットコインとは何者なの?

ビットコインとはネット上で流通するか仮想通貨の一つです。

(※仮想通貨とは、特定のサービスなどで利用できる通貨のことです。

分かりやすく言うと、楽天市場で使える楽天ポイントなども仮想通貨となります。

Tポイントなども同様です。ただ、楽天ポイントやTポイントは、

今は店舗で使えるのでそこが、ちょっと違いますね~)

 

 

で、話は戻りまして、

ビットコインがアツいと言われたりする理由ですが、

日本には主となる仮想通貨は存在しません。

なので、入り込む隙間があります。

 

 

そして、ビットコインは手数料がとても安く、

大手ネット販売の企業としては、

手数料だけでもかなりの費用が掛かっています。

 

 

実際に、Amazonは手数料だけで、

億単位に掛かっており、

ビットコインを導入することにより、

この手数料を下げることが出来ると言われています。

(というか出来るでしょう。)

 

 

 

ただし、日本人は古きを好み、

新しきを嫌う傾向があります。

ですので、キャズムを超える段階まで来るのが、

まー遅いわけです。

 

 

過去を見ても、スマホって、

めちゃくちゃダメ出しされていました。

iPhoneとかですね。

で、今となっては、

スマホとiPhoneばかりですよね。

 

 

ざっくり説明するとこんな感じでしょうか。

もっと詳しいことが知りたい方は、

Wikiで見てください!
ビットコイン@Wikipedia

※別ウィンドウで開きます。読み終わったら続きをどうぞ★

 

■ビットコインが儲かるのはなぜ?

ビットコインでの稼ぎ方は複数あるのですが、

一般的な方法は、

「ビットコイン売買で稼ぐ」方法ではないでしょうか。
@ビットコイン売買で稼ぐ

単純にビットコインは値動きしています。

それも市場が閉じるなどはないため、

ずっと値動きを続けています。
その場合に、安く買って高く売ることで、

利益を出すというわけです。

ビットコインの値動きはかなりあるので、結構お勧めです。

※ちなみに、海外事情などの影響は受けないとされているので、
トランプ氏の発言なども特に影響ないです。

※※トランプ氏就任後、FXは
不定要素が強く投資タイミングなども難しいとされていますからね~。
@ビットコイン取引で稼ぐ

株と同様の信用取引も可能です。

僕は信用取引はあまり好きではないのですが。。。
信用取引を簡単に説明すると、

その時価のビットコインを借ります。
(10万円=90000BTCとする)

それを即売却or一定期間後に売却し、

売却益を上げます。
(ここでは、分かりやすく10万円=90000BTCとする)
その後、借りたビットコインの返済をするために、

ビットコインの時価が下がった時に

ビットコインを購入します。
(6万円=90000BTCとする)

売却益:10万円で

返済額:6万円となりますので、

収益は4万円となります。
まぁ、ざっくり言うと、こういう感じです。

 

■ビットコインの今後は

ビットコインの今後ですが、

いろんな意見が出ています。

 
僕、個人が思うところは、ビットコインは伸びます。

理由は、仮想通貨法というモノが、

2016年5月に可決され、1年以内に施行されるためです。

どういう事かというと、

今までは、お財布と紐づかなかったキャッシュが紐づくようになりますよ。

というモノです。

 

 

で、仮想通貨は無法地帯だったものを整備することになります。

そして、仮想通貨は貨幣の意味を持つようになるため、

今よりも格段と広がりを見せると言われています。
(法律的にそうなります)

 

 

で、加盟店が増えれば、

クレジットカードよりも手数料が安いビットコインは、

確実に選択肢として入ります。

あとは、ビジネスの流れでして、

人が集まれば、サービスが増える、

サービスが増えれば、人が増えるとなっていきます。
余剰資金で取り組むのには、

中々面白いと思います。

※ただし、あくまで余剰資金ですべきです。
投資はすべて吹っ飛ぶ可能性があるので☆
ではまた!