メルマガアフィリエイト 日刊メルマガ

メルマガのコツは、「情報を全て出す。」

(2015/11/13のメルマガを公開です。
日刊メルマガの一部を定期的に公開しています)

コンテンツマーケティングと
コンテンツSEOの話がされていたので、
知識としてどうぞ^^

https://promonista.com/contentmarketingxseo/

こんにちは、ひーちです。
激務に駆られており、
更新できておりませんw
忙しいですが、
自分がやりたい事なので、
辞めたいぜ!とかはないです。

最近ですが、色々な方向に
ビジネスが展開されていますね。
情報発信系のメルマガ。
インスタ系のSNS。
せどりなどの物販。
あとは、FXとかも少しありますが、
こんな感じでしょうか。

この中でやるなら、
やはりメルマガでしょう。
ほかも良いですが、
メルマガってずっと続けられますし、
本当にやらないのは勿体無いです。

メルマガのコツは、
「情報を全て出す。」
これです。

隠す必要はありません。
実践している情報を、
全部フルマックスで出しまくります。

出し惜しみして
話さない人がいますが、
「言えや」と思いますもん。
「人様のためになるために。。。」
的な話ではなく、
単純に情報を出し切ると、
確実に次のネタや、
切り口を探す必要があります。
日々アンテナをはり、
調査をし、
検証をし、
解析をする。
こういう事を繰り返す事で、
自身の成長が促されます。
自分にとって、かなりのプラスです。

そして、読者さんも
情報の質、内容の濃さに気付き、
メルマガの精読率は、
確実にあがります。
こういったやり方をしないと、
確実に読者さんは枯れて行きます。
枯れ続ければ、常に新規リストを
取ってこなければならず、
売上の安定化は不可能です。
この業界って、
そういう人が多いですけど、
絶対、読者さんを育てていく方が、
効率よいですし、
売上も右肩あがりになります。
全体的に稼げていない人が
多すぎるんですよね。
20万円の塾とか入って、
結局稼げませんでした。。。

とか言う方が、多すぎです。
いや。マジで有り得ないです。

現実的に考えて、
そういったお金がない人を
ビジネスの相手にし続ける事は、
不可能です。当然ですよね。
なので、自分の読者さんに
しっかりと稼いでもらう。

→この人のいう事は稼げると感じる。
尚且つ、稼ぐので裕福になる。

→次のコンテンツを販売し、
購入してもらう。

という流れが一番良いわけです。
自分がブレイクするきっかけとなった人の
新しいコンテンツに興味がないわけがなく、
尚且つ、ある程度稼げていれば、
新しいコンテンツの購入は
高い確率で決まります。
こうやって行くことで、
ビジネスを安定させていくべきです。
メルマガだけで稼がせても良いぐらい。
そうしたら、確実に
コンテンツを出せば売れます。

こういう情報発信が出来れば、
確実に稼げていけますぜ。
あとは継続です。
なので、
情報出しまくり、
たらしまくりで行きましょう☆
========================

ひーちの日刊メルマガはこちらから

日刊メルマガを読む☆

========================

-メルマガアフィリエイト, 日刊メルマガ
-, , ,

執筆者:

cc

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

知識→経験による経験値増加

今日は日曜日ですね。 先日は居酒屋に行って来ました! 居酒屋なんて久しぶりだぜ〜と。   経緯を語ると、 最近肉について調べてるんですよ。 もっと言うと、 肉の部位。 鶏肉が分かりやすいと思 …

youtubeからリストを取って稼ぐ方法 超・効率編

こんにちは、ひーちです。   ようやくですが、 「youtubeからリストを取って稼ぐ方法 超・効率編」 の動画編集が終わりました!   というわけで、 コチラを公開しますので、 …

コンテンツモンスター(坂田智康氏)について、少し書いてみる。

こんにちは! 少し仕込みという意味で、 記事を書こうと思います^^   今まで書いていませんでしたが、 僕が、ばーーーん!と 突き抜けたのは、 坂田智康さんの「コンテンツモンスター」 という …

※限定※やはり限られた方だけに

ひーちです! 先日の「Cremaker」企画ですが、 十数名の方に参加 頂きました。 こうやって、興味を持って頂き、 大変ありがたいな~と思います。 ですが、あまり人数が多くなると、 アングラな僕のや …

知識提供による満足度向上

こんにちは、古木です。 メールでもコンテンツでもなのですが、 知識を提供することで、 人は一定の満足度を得ることが出来ます。   要は、「知らないことを知る」 ことに満足してしまうということ …